中古車を買取に出す時に必要な書類について面倒に思われがちですが、簡単に皆さんにお伝え出来ればと思います。

愛車だからこそ 中古車は高い買取を!
愛車だからこそ 中古車は高い買取を!

中古車を買取に出す時に必要なこと

普通車の中古車を買取に出す時にはどんなものが必要なのかご存知でしょうか。まず、必要な書類を揃えるには、車検証を見なければなりません。車検証には、所有者、また使用者の欄があります。その所有者の押印がなければ買取に出すことはできません。なぜって?それは、所有している方が書面でオッケーしたという証が必要になるからです。まず、買取に出したい方がどの様な書類を準備すれば良いのかをお伝えします。

普通車の中古車を買取に出したい方が揃える書類としては所有者の印鑑(実印押印のこと)が必要になります。これは、現金で購入され、本人の所有になっている場合には、その方の実印を押印した譲渡証と委任状が必要になります。その場合、印鑑証明と車検証の住所は一致しなくてはならないので、お引越しなどされた方は住民票などの車検証と住民票がつながるものを用意しなくてはなりませんよ。この場合と違ってローンで購入されている方は完済証明書と云うものをローン会社から取り寄せることになります。もちろん、本人確認のでいるものが必要になります。

それから、本年度の納税証明書などを揃えておいてあげることが良いかと思います。また、必要な証明書は、友好期限があり、三ヶ月以内でなければならないので、あまり早めに証明書の発行はしない方が良いですよ。これは、陸運支局へ持ち込みした時に三ヶ月がすぎていたら証明書としては有効とされないからです。普通車の中古車を買取に出す時の参考にしてみて下さいね。
注目のキーワード

Copyright (C)2017愛車だからこそ 中古車は高い買取を!.All rights reserved.